サブミッションポートの設定について


メールが突然送信できなくなった!!

という場合は、ご利用のプロバイダが「outbound port25 blocking」の規制を行ないはじめたことが考えられます。
詳しくは、ご利用のプロバイダのご案内などを参照ください。

パンドラでは、サブミッションポートを開放することで、「outbound port25 blocking」の規制がされても、そのままお使いできるよう別ポートの開放を行いました。
変更方法は、お使いのメールソフトの送信サーバー(SMTP)のポート番号を 25 番から 587 番に変更するだけです。

以下、Windows と Mac OS X の基本的な変更例をお知らせいたします。

Windows Outlook Express の場合


アウトルックの「ツール」から「アカウント」を選択します。



変更するメールアカウントを選択し、「プロパティ」ボタンを押してください。



プロパティのパネルが出たら、「詳細設定」のタブを開いてください。



「送信メール(SMTP)」の欄が 25 になっていましたが、わたしはこれを 587 に変更して、「適用」ボタンを押すことで、この問題を解決しました。
(注意: 「認証設定」を行わないところがコツです)

念のためきちんと送信できるか、パンドラ以外のメールアドレスへ送信して確認を行ってください。
エラーになる、送れない、送れても相手先に届かない、といった症状がある場合は、管理者までご報告いただけますようよろしくお願いいたします。

Mac OS X Mail 1.3 の場合



Dock から Mail を選択し、Mailのメニューから「環境設定」を開きます。



「アカウント」内の、

サーバー設定」のボタンを押します。




「サーバーのポート」が 25 になっているので、587 に変更して「OK」ボタンを押します。
「SSL」や「認証」の設定は必要ありません。

以上で設定完了です。

(注意: 他の設定例によくある「認証」は行いません)

この設定変更を行った後は、かならず念のためきちんと送信できるか、パンドラ以外のメールアドレスへ送信して、送信できてるかどうかを確認を行ってください。
エラーになる、送れない、送れても相手先に届かない、といった症状がある場合は、管理者までご報告いただけますようよろしくお願いいたします。